Home

 

突然の別れ どうやって 葬儀費用 用意するか

突然の別れ、どうやって葬儀費用を用意するかは考えておきたい

葬儀にかかるお金は、平均200万円ほどと言われています。 もちろん葬儀の規模やどういった形式にするかで違いますので、みんながみんな200万円かかるというわけではありません。 しかし別れは突然やってくるものです。 お金がないからお葬式をしてあげられないなんていう事態は避けたいですね。 そのためには、いつかは必ずやってくる別れに備えて、どうやって葬儀費用を用意したらいいのか考えておきましょう。

◆葬儀の費用は何にかかっているの?
葬儀費用の内訳は、まず「葬儀そのものにかかる費用《が挙げられます。 これは、祭壇、棺、人件費など葬儀一式にかかるお金です。葬儀社による設定価格によって異なり、祭壇のグレードによっても大きく上下します。 次に「葬儀社が手配するものにかかる費用《があります。 会葬返礼品、通夜振る舞い・精進落としの飲食物、火葬料、霊柩車などにかかるお金です。実費費用などと呼ばれ、参列者数によって変わってきます。 そして、読経料や戒吊料などの「寺院費用《。 寺院や宗派によって異なり、価格が決まっているわけではないのでいくら用意したらいいのか困ってしまうというひとも多いようです。

◆家族葬なら費用がかからない?
最近よく耳にする「家族葬《ではどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 家族葬というのは家族だけでお見送りをする葬儀のことをさします。 参列者数も少なく、規模が小さいので費用も抑えることができます。祭壇を飾らない家族葬も多くあり、その場合でも100万円ほどかかってしまうこともあるようです。寺院費用はこの他に必要になりますので、家族葬でも思ったよりも費用はかかるものなのですね。

◆斎場によって大きく差がある斎場利用料
葬儀社の自社斎場を利用する場合を除いて、斎場の利用料が実費費用としてかかります。 地方自治体が運営している公営斎場は、5~10万円ほどで利用できますが、非常に混みあっていたり、公営斎場自体がない地域もあります。その場合は、民間で運営されている民営斎場を利用することになります。費用としては20~40万円くらいです。 また、葬儀社の自社斎場は、斎場利用料が無料となっているケースもありますが、その分葬儀費用に上乗せされている場合もありますので必ずしも費用が安く済むとかは分かりません。

◆葬儀費用の支払いはたいてい1週間以内!
ところで、葬儀費用はいつどのように支払うと思いますか。 葬儀終了直後、もしくは、葬儀が終わってだいたい1週間以内に現金で済ませるのが一般的なんだそうです。葬儀社によっては1ヶ月程度まで伸ばしてくれることもあるようですが、誰でもというわけにはいきません。 かつては葬儀直後があたりまえだったようですので、多少は融通が利くようになったといえます。 そうはいっても、100万円や200万円ものまとまった現金を短期間で用意するのは簡単ではありません。

◆お香典で葬儀費用をまかなうことはできる?
葬儀で入ってくるお金の代表がお香典ですね。 お香典だけで葬儀費用をまかなえないかと考えている方もいらっしゃるかもしれません。 ある調査(※)によると集まったお香典の総額は平均88万6,844円だそうです。 一番多かったのが20万円未満で18.5%、次いで20万円以上40万円未満が12.9%でした。約3割が40万円未満だったということになります。
※鎌倉新書「第一回お葬式に関する全国調査《アンケート
 (2013年11月実施・有効回答数1847件)
お香典でいただいたお金は、通夜振る舞いや香典返しで終わってしまうというのが一般的なようですね。

◆葬儀費用を用意する方法
葬儀費用のすべてをお香典で支払うのは難しいことが分かりました。 では、具体的にどのような方法で葬儀費用を用意したらいいのでしょうか。
【生命保険】
生命保険で葬儀費用を準備しておくケースはとても多いようです。 死亡するまで保障が続く終身保険を活用するのが一般的ですが、葬儀保険という葬儀に特化した保険商品もあります。
【故人の預貯金】
故人の預貯金を葬儀費用にあてるという方もいますが、金融機関に亡くなった情報が入ると口座が凍結されてしまいます。いったん凍結されると簡単には引き出すことができませんので、故人との間でこの口座から払ってねというような話し合いがあったときなどは、早めに引き出しておかなければなりません。
【葬祭費補助制度】
国民健康保険からは葬祭費、社会保険からは埋葬費という吊目の補助金が受けられます。どちらも申請手続きが必要になります。
【葬祭扶助制度】
生活保護を受給されている方は、国からの補助によって葬儀を行うことができます。 生活保護受給者が施主を務める場合と故人が生活保護受給者である場合のどちらも対象になります。葬儀を行う前に申請が必要など、補助を受けるためには気を付けなければならないことがあります。
【葬儀ローン】
葬儀社が提携している葬儀ローンがあれば、審査を受けた上で分割で支払っていくことができます。ただしローンですので手数料がかかります。適切な回数を選ぶようにしましょう。

◆家族のためにできること
家族との最後のお別れはできるだけ思いのこもった葬儀にしてあげたい。 そのためには、どうやって葬儀費用を用意するのか考えておくことも大切です。 自分が逝く立場になったら、遺された家族には大変な思いはさせたくないもの。 生命保険や預貯金で葬儀資金を準備しておくことも考えましょう。 いくら用意したらいいのか分からないというひとは、お葬式の規模や形式、場所などを決めて、だいたいどのくらいの予算が必要か見積もりを取ってみてもいいかもしれませんね。