Home

 

葬儀費用 自分 準備 保険 選び方

葬儀費用はじぶんで準備しておこう!保険の選び方

◆葬儀費用はあなたが思っているよりもかかるかも?!
葬儀にかかる費用は、どのような形式の葬儀を行うかによって異なり、葬儀社に支払う代金の目安は次の通りです。
<直葬>
通夜や告別式などの宗教儀式をしない火葬のみの葬儀形式を『直葬』といいます。 この場合でも、20万円~30万円は必要です。
<家族葬>
家族や限られた親族だけでとり行う葬儀を『家族葬』といい、近親者以外の参列をお断りするため費用は抑えられますが、それでも50万円~80万円が目安です。
<一般葬>
一般的な形式の葬儀の場合は、80万円~120万円ほど。参列者の人数が多くなればこれよりも費用が高くなります。 上記以外にも、読経料や戒吊料といった寺院費用、会葬者へふるまう料理や返礼品などの飲食接待費がかかり、それらの費用を含めると、平均して200万円ほどといわれます。

◆他にもこんなお金が必要になることもあります
<お墓>
新たにお墓が必要な場合は、墓地購入費用が必要です。全国平均200万円ほどといわれていますが、地域や墓石の種類、墓地の広さによって大きな差があります。
<入院費用>
長期間の入院の後に亡くなった場合などは、高額の入院費用の清算が発生することも。
<引っ越し>
遺されたご家族が引っ越しをすることになるケースもあります。 また、遺品整理や清掃費用、仏壇の購入費用、ローンの清算・・等々、さまざまな費用がかかってくる場合もあり、亡くなった後に必要なお金は葬儀費用だけではないのです。

◆葬儀代金は1週間以内に支払うのが一般的
葬儀費用の支払期限は、葬儀社によって違いはありますが、一般的には葬儀直後から1週間以内となります。 やむを得ない場合は、支払期限を1ヶ月ほど延ばすこともできるようですが、それ以上は難しいでしょう。 支払い方法は、現金一括払いが主流です。 (最近では分割払いに対応している葬儀社も増えています。) 急にやってくる上幸。みなさんどのようにお金を用意しているのでしょうか。

◆葬儀費用をどうやって準備しますか?
・香典
・本人の預貯金
・親族の預貯金
これらの方法で葬儀費用を支払うことが多いのですが、気を付けたいのが「本人の預貯金《です。 亡くなられた方の口座は、死後直後に凍結されてしまいますので、葬儀代金の支払いに利用できない場合があります。(引き出すことができるのは、遺産分与協議後です。)

◆保険で準備しておくと安心です
自分らしい人生の終わりを迎えるために「終活《をするひとが増えています。 なかでも自分の死後に、葬儀費用などのお金の面で親族に迷惑をかけたくないと考え、お金を準備しておく方が多くいらっしゃいます。 先ほどもお話しした通り、預貯金は生前は自由に出し入れでき、他の目的にも使うことができますが、亡くなった際には口座が凍結され、すぐに引き出せない場合があります。また、自由に出し入れできるので使ってしまいがちな点にも注意が必要です。 一方、生命保険に加入して、万が一のときには保険金を葬儀費用に充てる方法は、計画的に準備ができ、一定の金額を受け取ることができるので良いのではないかと思います。 ただし、年齢や健康状態によっては加入できないケースもありますので、保険会社へ問い合わせてみましょう。

◆積立ではだめなの??積立と保険の違い
葬儀費用を準備する方法としては、互助会などの積立を利用するのが一般的でしたが、積立の場合は経過年数によって準備できる金額が異なり、葬儀費用を賄えないことがあります。 保険の場合は、経過年数にかかわらず一定の金額を準備することができます。 できるだけ家計の負担を軽くしつつ、時間をかけずに準備できるので、保険に加入して葬儀費用を準備する方が増えてきています。

◆どんな保険に入ったらいいの?
葬儀費用を保険で準備しようと思っても、どの保険に入ったらいいのか分からないというひとは多いものです。 『何を保障してもらいたいのか?』という『目的』によって、あなたが選ぶべき保険が見えてきますので、まずは目的を決めましょう。

<亡くなったときの保障だけが必要>
死亡時の保障のみでいいという場合は、定期保険や終身保険に加入することになります。 定期保険は保険期間が過ぎてしまうと保障が終わってしまいますが、保険料は割安です。 終身保険は一生涯保障が続きますが、定期保険に比べて保険料が割高になります。解約することはない!という方は、解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金)を無しにして保険料を抑えている終身保険もいいのではないでしょうか。 <入院したときの保障も亡くなったときの保障も必要> 死亡時の保障に加えて入院したときの保障も必要という場合は、死亡保障(終身保険や定期保険)と医療保険を組み合わせて加入するか、死亡保障に入院特約をつけるという方法があります。

◆少額短期保険も検討してみて
保険金額が少額で、保険期間が短期(通常は1年)の保険を「少額短期保険《や「ミニ保険《といいます。 保険料が手軽、高齢でも加入できたり、健康状況の告知や審査が緩やかなど、一般の保険よりも加入しやすいという特徴があります。 保障が一生涯続く終身保険の取り扱いはありませんが、90歳やそれ以上まで契約を更新しながら継続することができます。